投稿

毛髪再生医療

イメージ
毛髪の源となる毛包組織を培養する毛髪再生医療が開発された

2012年の毛髪を再生するをテーマとした広島学会で、「毛包組織は培養は出来る。そうなると脱毛症は解決できる」と吉里勝利教授は話されました。。 その言葉に髪を職業とする理容師は大きな期待を賭けました・
 それから6年が経ち、マウスの頭に黒い毛髪が数本伸びている映像がテレビのニュースで、人の髪の元になる毛包組織の培養して大量に増やす毛髪再生医療技術が開発された。と理化学研究所が発表されました。
 理化学研究所は、小保方晴子さんという女性の研究者がスタッフ細胞を発見したとのニュースでおなじみの日本で最高の理化学の研究所で、日本の最高の叡智により、脱毛症を解決できる治療法が発見できたのです。
 理研の辻孝リーダーは「開発した方法は、髪の元となる毛包の数を増やすのが特徴で、わずかな毛包を使い、5千から1万本の髪を増やせる」と言う。
 人の頭の皮膚から取り出した3種類の幹細胞を組み合わせ、毛包と同じ能力を持つと考えられる組織を作製することに成功した。
 国内では理研の他に東京医大が取り組んでいます。
 将来は、患者自身の後頭部から皮膚をごく一部取り出して毛包組織を大量に培養し、一つ一つ髪の毛が抜けた頭皮に移植することを目指している。
 2020年以降の実用化を目指している。
 今まで、育毛剤やリーブ21などの育毛に励んでいた2500万人という脱毛症患者に福音の風が吹くわけですが、理容店にも髪がある人が増えることは有難いことで、理化学研究所がスタッ細胞からの名誉回復となることを期待しています。
 人の頭に毛髪があってこそ、理容の商売が成り立つのですから、頭に髪が生える研究をして下さることは、何より嬉しいことなのです。

東海道を東から西まで静岡県の理容を芸美会員がリードしています。

イメージ
第63回静岡県芸美会定期総会












藝美会と斉藤会が、箱根の山から東西に縄張りを決めて以来、東海道は県庁所在地の静岡市、島田市、ヤマハの町の磐田市袋井市、西の工業都市の浜松市と東海道を東からに西まで、芸美会員の理容店が並んでいるのです。
 普段は4つの支部でそれぞれ研究活動をしているのですが、年に一度の総会は4つの藝美会が順繰りで開催を引き受けて行われています。
 昨年2017年の総会には体調不良で欠席をさせて頂いたので、2年ぶりの
総会は浜松藝美会が担当で、静岡やらまいか学会の会場となった浜松駅前のクラウンパレスホテルで開かれて、出席が出来ました。
 会員の皆様から、元気になって顔を出せたことを喜んで下さり、芸美会創立100周年まで元気で居なければいけない。との気持ちを持とうと感じましたのでした。
 藝美会三則で始まった総会は、小杉英起県本部長からの挨拶では、2019年全理連全国競技大会が静岡県で、2020年は57回全国理容学会が静岡県で引き受ける。と決意を述べられ、会員のご協力をお願いされました。
 研修活動は、それぞれ各支部が独自に行っており、静岡県本部では年に2回の総合研究会を開き、その時代にマッチしたテーマでの研究会を行っています。
 本年度推薦のあった講師の、近藤英文、坪井良隆、坪井貴冶3氏に本部講師、
加藤三紀也本部助講師、村岡真里枝地方講師への辞令が授与されました。
 今年の総会では、2つの講演が行われ、日本剃刀をテーマに、磐田藝美会の日本剃刀での顔剃りを研究をされている山田康友講師が刃先の研磨と刃付けについて、レデイスシェーブやエステを営業化されている村岡真理枝講師が顔剃りをお話しされました。
 西浦騎鶴会長より、2018年藝美会指針である「技術者ノプライドと自営業者ノプライド」をテーマに、技術の基礎にある「気持ち良い」と営業サービスの基礎にある「気分良い」の2つの感覚をお客様に与えることこそ理容師のプライドである。と話されました。
 全員参加の懇親パーテイは、浜松芸美会懇親会の名物ビンゴゲームの名司会者の森下誠講師が盛り上げて気分の良い宴になりました。
 2020年静岡藝美会が引き受けて下さる理容学会に期待が弾みます。
詳しくはこちらから

あらゆる技術に積極的に取り組む石川県芸美会総会の出席する

イメージ
石川県芸美会第63回通常総会 2017年総会には、体調不良にて欠席をせざるを得なくなり、1年空いた2018年5月28日の、高宮均石川県芸美会本部長就任後2年目の総会に出席が出来ました。  総会に顔を出せなかったので、会員の先生方より、「体は大丈夫ですか」と声をかけて下さいましたことは本当に嬉しくい思いました。  総会が始まる前に、昨年はキャンセルしたのだから、今年は2時間話をするようにとのことで、2時間声も衰えずに話が出来ました。  講義は、2018年藝美会指針「技術者のプライドと自営業者のプライド」 と定めておりました。   技術者のプライドは皆さん持っておられるのですが、理容店は客商売の自営業です。だから、技術者であるとともに、客商売の商売営んでいる自営業者としてのプライドを持ってほしいのです。  技術者のプライドと、自営業者賭しての売上と利益を得るというのプライドとを持って、理容店主と言えるのことをお話しいたしました。  総会では、基本技術を指導する青年部、競技技術の指導をする競技部など多彩な指導グループがあり、それぞれのグループより、この1年の指導指針が示されました。  2018年度の活動が期待されます。。  総会の後は、テルメ金沢の大浴場に入浴してサッパリとなり、焼肉バイキングでの懇親会を楽しみました。  石川県理容組合と石川県芸美会は、ともに組織開始以来の友好が強く、現在の長田實理事長が会員であり、執行部にも会員が加わっており、組合情報活動のイイトコ活動には、芸美会の中枢メンバーがリードしています。  理容組合と藝美会の友好関係は石川県の組合と芸美会の創立からの友好が今も続いているのです。
詳しくはこちらから

ビジネス街の衛生消毒設備が目立つ何もない「理容ひびや」

イメージ
三井不動庵が日比谷の宝塚歌劇の劇場のとなりノアミューズメント街に立てた高級ショッピング街の日比谷プレミアム3階に、横浜の大手書店有隣堂がプロヂュースした中高年男性向けのブースの一角に、この店だけが仕切られた店舗の「理容ひひや」が、1950年代の雰囲気を漂わせて存在しています。
店内は、開閉扉の前洗面に李世プ椅子が4台が並んでいる普通の理容店で、鏡面の左に壁一面に、タオル蒸し器、鋏、剃刀などの消毒器、タオルなどが並んでいます。アうした衛生消毒器材がお客様に見えにくくしてありますが、この店は良く見えるように設置されているのは、さすが日本衛生消毒協会監修理容店と証拠のようで、保健所も褒めてくれたそうです.
いろんな器材器具も置いてなく、何もないすっきりした最近には珍しい理容店であります。
しかし店のテーブルの中には、昔のバリカン、ハサミ、電バリが展示されており、理容の歴史が伺えるのです。電気バリカンは入っている箱もあり、箱入り新品で、化粧品も丹頂チックも並んでおり、過ぎ去ったあの時代を感じさせてくれます。
椅子の前の鏡の上に、理容師免許証が額に入れて飾ってあるのは、お上が権力を持っている街の東京らしき雰囲気があるようです。
月に2回ほど、岩間恵美先生のレデイスシェービングデーがり、その日は女性専用日で男子お断りだそうです。
すっきりした雰囲気の店で、すっきりしたシェービング、すっきりしたカット、シャンプーを、日本が復興途上のあの良かった時代を味わいながら調髪し
て貰えるのは高齢者にとって味わいあるひと時となろう。


カフェトとドキングしたアメリカンバーバーの日本進出

イメージ
カフェトとドキングしたアメリカンバーバーの日本進出 ニューヨークの下町・ブルックリンのバーバーとカフェがドッキングして営業して営業しているスタイルを日本に持ち込んだ第1号サロンの「ルドー・ブランド」代官山店を見に行き、髪を刈って貰い、コーヒーを飲んできました。
 今、理容店美容店とカフェ・喫茶店とのドッキング営業が注目を浴びている時、アメリカで理容店と喫茶店とがどのように繋がっているのかを見たかった。
 タカラベルモントの山新田部長さんに予約して貰い、店が分かりにくいのでと代官山駅で待ち合わせで、「ルドー・ブランド」代官山店まで案内して下さった・案内してもらわなければとても行くことは出来ない隠れ場のようなところにあった。道から店までのアプローチは、京都の料亭のような迷路的であり、
それもサロンの値打ちかなを感じるのです。
店装は、黒一色で統一され、結構重厚感があります。壁にはアメリカらしく額に入った写真がたくさん飾られ、床は石の小さなタイルを敷き詰めています。椅子は1950年代のタカラの手動椅子ですが電動に改造されています。
理容室と喫茶室は隣に別々の店になっており、これなら理容店と喫茶店が並んで営業しているのと同じでではないか。と思います。店装は理容店と同じ黒一色で、ともに落ち着いた雰囲気で、高級感を感じさせてくれます。
料金は、カット、シェーブ、シャンプーで¥10800.で喫茶店でのコーヒー券がプレゼントされます。ちなみにコーヒー代は¥400.です。
だが、「ルドー・ブランド」を経営しているのは、大阪で大衆理容をチエーン営業していたパパス&ママスで、現在¥2000.レベルでの料金のチエーン理容店が、高額理容店に進出していることです。
今、バーバー新時代として,高額理容店が出店されているが、いずれも、理容師が出店しているのでなく、理容学校、低料金チエーン、美容材料商など外部からの資本進出であることが特徴であります。


美容室に行かない「床屋女子」が誕生

「床屋女子」が今生まれている 本来、美容室に行く女性が、カット980円、シェービング1080円のチェーン理容店の「かみきりどころ」で、髪を切る、顔を剃るという「床屋女子」が探鉱しているのです。
美容室に行かない女性である「床屋女子」が増えて来ているよいう記事が、日経MJに掲載されている。
250店のチェーンを持つ低料金理容店の「かみきりどころ」では、女性客が3割をしめるといわれ、いよいよ女性が理容店で、髪を切り、顔を剃る。という「床屋女子」が誕生し、男子が美容室にゆくのを嘆いていた理容店にとってめでたい話である。
その「床屋女子」の行く店は カッツ1980円、顔そり1080円の安い店にもおどろきである。
安い店に行く「床屋女子」の 41歳のh女性は「顔そりをするために月に1度来店してかおをそる。顔の印象が明るくなるので、1000円で短時間で出来るのが魅力的という」

「美容男子」に代わり「床屋女子」が生まれたのです。

1月17日は阪神大震災の22回目の日です。会員各位の情を思い出します

22年目の震災の日が明日1月17日です。
多くの会員の先生方から頂いた救援への心遣いを思い出す私の記念日です。
会員各先生のお蔭で、その年のうちに総本部道場を再建していただきました。
その道場で、会員が学び、私たち家族が生活を出来ていることを感謝しております。
震災で家を失った人たちのために、神戸市がマンションを借り上げて、罹災者住宅にしたのです。
その借り上げ機関が20年であり、住んでいるマンションから立退くように言われているのです。
私たちは、会員の皆様のお蔭で22年間住まわせていただいております。有難いことです。
鳥取中部地震で倉吉芸美会会員の店が被害にあわれたのでお見舞いに行きました。
その時、店は被害もなく、きれいで、震災の翌日から営業が出来て、お客様も来てくれていたのです。
それから4ケ月が経ち、300回の余震が続いたため、壁にひびがはいり、屋根のかわらがずれるなどの被害が出て来ているようです。かなり大がかりな補修工事が必要とのことで、ご苦労が増えることが気がかりです。
阪神大震災の鎮魂のためとはじまったルミナリエは、今年のメッセージから、鎮魂という言葉が消えていました。
21回忌が済めば、亡くなった人への鎮魂も終わった。ということなのでしょうか。
ルミナリエは、ライトアップという観光客寄せになったのでしょうか。